『生活と文学』1955年12月号

1955年12月号(第一巻第二号) 72ページ

表紙

目次

生活綴方・記録と小説・文学(二)  野間 宏

筋道を立てて書くには(文章の書き方Ⅱ)  国分 一太郎

写生と「ありのまま」  久保田 正文

生活記録 ☆特集☆ 家

私の家  川勝 陽一

へそくり  日下部 栄一

父の失明  千倉 あい子

私の家  張 炳珠

家とその周辺について(私たちの研究)  青石 勉

サークルめぐり 町工場の書き手たち(油さしの場合)  菅原克己

12月の詩

行商  長友 マス子

富士山  藤野 昌子

手の地図  橋下 隆

せんたく  三糸 勘吉

小さい詩(一)  浅見 淑子

小さい詩(二)  山川 幸三

見本市の豆(世間のはなし)  なかのしげはる

国際的になった日本の女優?(映画案内)  瓜生 忠夫

阿部知二著「歴史のなかへ」(本の案内)  針生 一郎

紙上討論 恋愛と恋愛論 いぬい・たかし氏の論文をよんで  大山 公正

このごろ思うこと

漬物と花  飯島 衛

気胸  遠藤 周作

煙突長屋  加賀 淳子

汗の味  山之内 羊子

捕虜のこと  小田 嶽夫

短歌・基地のうた  山形県村山文学同好会

小説の仕事(月評にかえて)  長谷川 四郎

創作

民話 たて縞の着物によこ縞のふせをするな(郷土史ノートから)  宮元 和男

★はじめて工場に入った少年がきびしい労働の中で描いた魂の記録★

歩み  保根川 雅好

長い道  林 昌子

奥付

生活と文学第一巻第二号

昭和三十年十二月一日(毎月一回一日発行) 定価50円 〒八円

東京都新宿区西大久保一の四二五

編集人 新日本文学会 野間宏

発行人 後藤 彦十郎

発行所 東京都神田神保町一の二 百合出版株式会社

印刷所 東京都新宿区山吹町一九八 光陽印刷株式会社